リアル野球盤協会のホームページ。レクリエーションゲーム リアル野球盤は高齢者・障害者 ・児童が楽しめます

リアル野球盤ルール

リアル野球盤の楽しみ方

基本は、野球(盤)と同じ

  • チーム対抗形式のゲームです。
  • チームの人数は、8人以上が理想ですが 5人でも可能です。
  • 走者がホームへ帰ってくれば1点、フェア・ファウルボール、三振等 野球と同じで 総得点を競います。
  • 投手からの転がってくるボールを打者が打ち返し、打球の行方によって打撃成績を決めることは野球盤と同じです。
  • 盗塁・ダブルプレー類・牽制球・タッチアップ 類はありません。

準備(試合開始前に)

  • プレーエリアの準備
    • ラインを貼り、用具を展開する。
      下図にイメージを示しました。
      守備:内野はそれぞれの守備位置に用具を置くのみ、外野手はレフト・センターの位置に たも式の用具を持ちイスに座ります。外野守備は会場広さにより2人を3人(センターにも)にしたり 無くしたりの工夫をします。

リアル野球盤平面イメージ図
   ~標準セットでの用具展開イメージ~

  • 審判
    主審を1人、副審を適宜 決めること。
    基本:スタッフの方にお願いする。
    • 主審の役割:ゲーム進行の責任者。判定や指導 安全への配慮を行う。
    • 副審の役割:主審を補助し スコアや BSO を担当する。
  • チーム分けとゲームの進め方
    参加人数やゲームを行う時間を配慮してチーム分けを行う。
    • 基本:2チームに分け、攻守を交互に行う。
          参加人数にかかわらず2チームに分け、攻撃側は全員が交代で、守備側は投
          手・外野手を交代で行う。
          塵取り式(内野用)守備は人をつけてもOK。
    • 応用:3チームに分け、1回をあるチームは「攻撃→守備→応援」、次のチームは「守備
          →応援→攻撃」、もう1つのチームが「応援→攻撃→守備」という具合に行うこともできます。
    • チーム数が多くなった時:時間が許されればトーナメントや総当りで楽しむこともでき
          ます。
          状況に応じて、工夫して下さい。
  • 監督・キャプテン
    • 各チーム、監督・キャプテンを決めてる。
    • 監督の役割:チームの代表者。打順・守備順を決めチームをまとめ、チーム名を決める。
    • キャプテンの役割:先攻・後攻を決めるジャンケンをしたり、ゲームが円滑に進むよう指導する。
    • 場合により、監督・キャプテンは兼任したり、スタッフが代行しても良い。
    • お勧め:ベンチをイスで作り、ホームベース側からの打順とする。
  • 放送係(お勧めです)

競技方法

  • 先攻・後攻を決める
    • 主審がキャプテンを呼び、ジャンケン等で先攻・後攻を決める。
  • 整列
    • ホームベースを中心にチーム別に整列し、試合前の挨拶をする。
  • 攻守に分れ所定の位置に
    • 先攻チーム
      1番打者がスティックを構えて打席に入る。
      2番打者以降は、打順の席順で応援席(ベンチ)に座る。
      次打席グッズを順送りで使うと打順間違いが少なくなる。
      • 注意①.打順を待つものは打者に近づかないこと。
              打者が振ったスティックに当たらないため。
            ②.スティックで床を激しく打ってはいけない。
               (餅つきのように)
              スティックのヘッドが抜けるのを防ぐため。
              伸縮部が壊れるのを防ぐため。
    • 後攻チーム
      それぞれの守備位置につく。守備位置はイニングごとに交代する。
        (監督の指示に従って)
      内野守備:置いてあるケース式用具。
      外野守備:タモ式守備用具を使う。
           イスに座り、お尻をイスから離さないこと。     
           (離した場合は「3塁打」とする等を決めておくと良い) 
      投手は、投球用具の横でボールを持ち 投球の準備をする。
      • 注意投球用具の後ろにいないこと。
            センター返しの打球が投球用具を上ってくることがある。
            これが投手の顔に当たるのを防ぐため。
  • いよいよ試合開始
    • プレーボール
      主審が「プレーボール」を宣する。
    • 投球:打者の打撃準備ができたらことを確認し、投手はボールを投球用具の所定の位置に放す。
    • 打撃:打者は投球されたボールをストライクと判断したらスティックで投球を打ち返す。
    • 打球判定:打球の行方で判定する。
      ボールの行方判定
      ファール(もう一度打つ)3振にはならない
      フェアー内野内で止まるアウト
      内野安打ゾーンヒット:1塁へ
      ケース式用具に当たるアウト
      たも式用具で掬われる
      "アウト"に当たる
      どこにも当たらないヒット:1塁へ
      "〇〇"に当たる2塁打:2塁へ
      "〇〇〇"に当たる3塁打:3塁へ
      "ホームラン"に当たるホームラン!
                *"〇〇"・"〇〇〇"の標的は、2・3塁打を表す。
                *空振り、見送りボール(ストライク)は、主審が判定する。
    • 三振(アウト)・フォアボールもある。
      主審はボールが続いたらフォアボールになる前に投球器の方向修正を行うこと。
    • 走者は、打者の成績に応じて進塁する。
      例えば 走者2塁でヒットが出たら 2塁走者は3塁に、打者は1塁に進む。
      同様 走者2塁で2塁打が出た時は 2塁走者はホームイン。得点1となる。
    • チェンジ(攻守交代)について:3アウトでの交代が基本。
      1イニング目(1回)の表裏は、3アウトでの交代でなく 全員が1度 打席を体験しての交代をお勧めします。
      2イニング目(2回)以降は、基本の3アウトでの交代にするのがお勧めです。
       *理由 早い時期に全員が打撃体験を済ますこと。ゲームへの理解が早まります。
    • 決められたイニングまで試合を進め、総得点で勝敗を決める。
      時間の制約を作った時は、それを優先する。
  • 試合が終わったら
    • 試合開始時と同様 ホームベースを中心にチーム別に整列し、試合後の挨拶をする。
      主審が得点と勝利チームの発表を行う。
  • 後片付け

a:18310 t:3 y:9





powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional